審美セラミック治療Aesthetic dentistry

  • TOP
  • 審美セラミック治療

患者さまのお口に合わせた審美セラミック治療

池袋の歯医者「グランドメゾンデンタルクリニック」では、「審美性」と「耐久性」を両立した、高品質のセラミック治療をご提供しております。

歯の色ならホワイトニング、歯並びなら矯正治療というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、症例によってはセラミックを用いた詰め物・被せ物治療が適している場合もあります。

お口のコンプレックスを解消し、患者さまの笑顔と幸せをサポートしたい。当院ではこのような考えのもと、患者さまのお顔立ちや骨格を総合的に判断し、より美しく、バランスの良い審美セラミック治療をご提供しております。

「審美セラミック治療」とは

「審美セラミック治療」とは

自然で美しいセラミック素材を用いて、歯の色や形、歯並びなど、お口のコンプレックスを改善する治療法です。ご自身の歯を漂白するホワイトニングと異なり、色戻りする心配もなく、自然な美しさが長続きします。また、歯の形や歯並びが整うことでお手入れが容易になり、お口の健康を守ることにもつながります

「歯をキレイにする」ことは小さな変化かもしれませんが、お口のコンプレックスが解消されれば自然と笑顔が増え、前向きな気持ちになれたり、人とのコミュニケーションに積極的になれたりと大きな変化へつながっていきます。

グランドメゾンデンタルクリニックは、お口の環境改善から患者さまの幸せをサポートし、人生をより豊かにするお手伝いができればと考えております。まずは、どんなに小さなご要望も遠慮なくお聞かせください。「理想の歯」というゴールへ向けて、患者さまと二人三脚で治療を進めていきます。

審美セラミック治療を
おすすめする理由

審美性を長期間維持できる

審美性を長期間維持できる

セラミックは色やグラデーション、ツヤを精密に調整できるため、本物の歯と遜色ない美しさが再現できます。また、主に保険診療で使用するレジンとは異なり、経年劣化が起こりづらいという点もメリットです。長期間装着しても黄ばむことなく、治療時と変わらぬ美しさをキープできます。

歯肉の黒ずみが気にならない

歯肉の黒ずみが気にならない

いわゆる金歯や銀歯などは使用しているうちに金属イオンが溶け出し、歯肉が黒く変色してしまうリスクがあります。一方、セラミックの詰め物・被せ物は、長期間使用しても歯肉が黒ずむ心配がありません。

金属アレルギーの方も安心

金属アレルギーの方も安心

陶器と同じ材質のセラミックは金属を使用しないため、金属アレルギーの方も安心です。アレルギーが原因で治療を断念していた方も、ぜひお気軽にご相談ください。

口腔内を清潔に保てる

口腔内を清潔に保てる

セラミックは劣化にも強く、使用しているうちに表面が削れたり、凸凹したりする心配がありません。そのため、食べカスやプラークが溜まりにくく、虫歯や歯周病のリスクも軽減できます。

患者さまの理想の歯を
叶えるために

精密治療で理想の歯を追求

精密治療で理想の歯を追求

審美セラミック治療では、肉眼では見えない領域にもとことんこだわり、詰め物・被せ物をミクロ単位で調整する必要があります。当院では拡大鏡を用いた精密治療を行い、審美性と耐久性の両立を実現。視野を肉眼の5~8倍にまで拡大するマイクロスコープを使用し、より精度の高い詰め物・被せ物をご提供いたします。

歯と被せ物をきちんとフィットさせることで、歯肉が下がるリスクや、虫歯になるリスクを軽減することにもつながります。

歯科技工所との連携で、高品質な治療を実現

歯科技工所との連携で、高品質な治療を実現

治療に使用する詰め物・被せ物は、歯科技工所が製作しています。より高性能な技工物をご提供するためには、「技工物のクオリティ」と「歯科医師の技術力」の両方を備える必要があるのです。そこで当院では、歯科技工士と綿密な連携を図り、チーム体制で技工物を製作しております。

当院が提携する歯科技工所には経験豊富な技工士が多数在籍しておりますので、細かな要望にもしっかりと対応が可能です。歯科医師が患者さまと歯科技工所の橋渡しをすることで、より高品質な治療をご提供いたします。

骨格・顔貌分析で審美性を追求

骨格・顔貌分析で審美性を追求

より自然で美しい歯を作り上げるためには、患者さまのお口のなかだけでなく、お顔や骨格を総合的に判断する必要があります。

そこで当院では、骨格・顔貌分析に基づき、顔の中心ラインを基準として口元のバランスを重視。また、笑ったときの上の歯のラインを考慮し、唇との調和を図ります。さらに患者さまの肌のトーンを確認し、より美しく見える色の濃淡・明度・彩度まで細かく調整。このような審美性を追求した治療により、患者さまの「キレイになりたい」「人に好印象を与えたい」といったお気持ちをしっかり再現いたします。

審美修復治療メニュー

当院で扱っている審美修復治療メニューをご紹介します。それぞれの素材に特徴がありますので、お気軽にご相談ください。

ラミネートべニア

ラミネートべニア

前歯など、見た目が気になる箇所の表面に貼り付ける薄いセラミックのシェルのことです。接着性レジンを使用して歯質に接着させる歯冠修復法であり、それは例えるならネイルチップのようなものです。

天然歯をできるだけ削らないようにして接着するため、リスクの少ない審美修復・改善が可能です。歯の形が悪い(歯が小さい・隙間があるなど)、表面に凹凸がある、ホワイトニングの結果に満足していない場合などにおすすめです。

e-maxセラミック

e-maxセラミック

歯科に特化して開発されたセラミック素材です。通常のセラミック(100MPa)の4倍(400MPa)の強度を持っており、生体親和性も高く身体に馴染みやすいです。また天然歯に似た色調や透明感の再現も可能です。高強度でありながら天然歯(エナメル質で200~400MPa)に近い摩耗性を持っているため対合する歯が天然歯でも優しい素材となります。咬み合わせにもよりますが、前歯から小臼歯の治療に適しています。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドとも言われ金属並みの高い強度(1200MPa)があり、その分薄く作れるため歯の切削量も抑えられる素材です。セラミック素材と比べると透明感(透過率40%)が出にくく、ややマットな印象を与えます。強度の面からも小臼歯から大臼歯の治療やブリッジに適しています。

ファイバーコア

ファイバーコア

重度のむし歯の治療において被せ物の下に土台(コア)をつくります。 通常は金属でつくるコアを、グラスファイバーを芯にして作製するのがファイバーコアです。適度なやわらかさがあるので歯根を傷めにくいうえ、光の透過性があるので装着する被せ物の透明感を損ないません。

美しさ 耐久性 安全性 素材
ハイブリッドセラミック セラミックとプラスチックを
混ぜたもの
e-maxセラミック 100%セラミックを
使ったもの
ジルコニアセラミック 丈夫で白いジルコニア
ゴールド 金属